京染め 矢絣 赤画像

京染め 矢絣 赤

商品説明
古典柄のシンプルな友禅紙です。
江戸時代、結婚するお嫁さんに矢絣の着物を持たせると出戻ってこない(射た矢が戻ってこないことから)といわれ、縁起柄とされています。現代では卒業式の袴に使われ、次のステップに飛び立つ、狙った目標に届くという意味を込めているようです。
ちょっとした雑貨を作る素材としてや、大きめの折り紙を折る時によく使われています。
のし袋に使われることもあります。

大きさ:約38cm x 30cm(余白ありません)
※ロットによって色に差があり、濃淡が画像と違う場合があります。ご了承ください。

東京オリンピック・パラリンピック競技大会期間中の配送について

2021年7月中旬から9月上旬にかけて、東京オリンピック・パラリンピック競技大会が開催予定です。
開催期間中は関東を中心に交通網が混雑すると予測されており、その影響は関東以外にも広がるようです。
具体的にはその時その時の状況によって変わるようですが、配送期間が1〜3日間程度遅れることが予想されます。
ご了承のほどよろしくお願い致します。
    和紙の専門店「紙舘 島勇」
    [ Kamiyakata Shimayu Co.,Ltd. ]
    〒390-0874
    長野県松本市大手2-4-25
    TEL 0263-35-1000 FAX 0263-35-1001
    Copyright ©Kamiyakata Shimayu Co., Ltd. All Rights Reserved.